選び方

Pocket

自分に似合うかわいいカラーコンタクトを選ぶために、知っておくといいカラーコンタクトについての知識、選び方について紹介します。
<サイズ>
「DIA」→カラーコンタクトの直径のこと。
DIAの数値が大きくなるほどデカ目効果も高くなります。
盛りたい人におすすめのサイズは、14.5mmくらいです。
しかし自分本来の目が小さい人がデカ目サイズを選ぶとあまりにも不自然に見えるためやめた方がいいと思います。
「BC」→目に触れるレンズのカーブの割合のこと。
BCの数値が小さくなるほどカーブがきつく、大きくなるほどカーブが緩くなります。
人それぞれ目のカーブに違いがあります。
自分の目とあっていないと、カラーコンタクトがずれやすくなったり、見た目も変に見えたりします。
DIA、BCのサイズは自分ではわかりません。
眼科へ行ってきちんとしたサイズを測ってもらうようにしましょう。
適当に選んだサイズのカラーコンタクトをつけると、角膜を傷つけてしまう危険性があります。
眼科に行って、カラーコンタクトのためにサイズを知りたいと素直に伝えると断られるケースがあります。
ですからコンタクトショップで、提携先の眼科にいき測定してもらってからまずはそのコンタクトショップで買うようにするのがおすすめの方法です。
次からはサイズがわかっているので、自分で他の店で選ぶこともできます。
<安全性>
日本で「高度管理医療機器」の承認を受けているものを選ぶこと。
ネット上で買うときにも、必ず記載されているものを選ぶことがおすすめです。
<含水率>
「高含水率」→カラーコンタクトに50%以上水を含むもの。
水分が多いので目の奥がゴロゴロしなくてつけやすい、酸素を通すため目に優しい。
しかし涙が出やすくなって、吸収されてしまうことで目が乾きやすい。
「低含水率」→目が乾燥しにくくなる。
涙量の少ない人、ドライアイの人におすすめ。
しかし角膜に酸素が少なくなるため傷つきやすい。

コメントは受け付けていません。