フランミーの六つのポイント

Pocket

「つけ始めは目がゴロゴロして、なかなか馴染んでくれない…」「たまに視界がぼやけてしまい、集中できない…」などなど、コンタクトレンズをしている際に、これらの症状で悩まされている方はとても多いのではないでしょうか。眼鏡と違って、落ちたりかけ直したりする手間はありませんが、そのぶん他のデメリットも存在します。
それはもう仕方のないことと諦めてしまっているのでしょうが、近年はそんなデメリットを改善させたコンタクトが登場してきているのです。
中でも注目されているのは「フランミー」。佐々木希さんがイメージモデルを担当しており、多くの芸能人が愛用しています。
フランミーはただのコンタクトレンズではなく、レンズに色のついたカラコンになります。そのため、視力補正の目的だけではなく、お洒落としても使うことができる優れものなのです。
そんなフランミーには、ある六つのポイントがあります。
一つ目は、ワンデータイプであること。1日だけの使い切りなので、忙しい女性にもぴったり。手入れの必要がありませんし、衛生面的にも安心です。
二つ目は、UVカットプロテクト機能。有害物質である紫外線をカットして、目を守ってくれます。
三つ目は、エッジデザイン採用。レンズ形状を滑らかにすることにより、瞬きの際の擦れを防ぎます。
四つ目は、非球面デザイン。非球面デザインを採用することにより、突然のボヤけやにじみを防止しています。
五つ目は、高含水レンズ。水分を多く含有させることで、目に馴染みやすくつけ心地が柔らかになります。
六つ目は、酸素通過性に特化していること。通常の2.5倍酸素を通すことで、角膜への負担を軽減しています。

コメントは受け付けていません。