パソコンをよく使う方におすすめのコンタクトレンズ

Pocket

仕事柄、デスクワークでパソコンと常ににらめっこという方も多いことでしょう。一日中パソコンの光の刺激を受けるわけですから視力もどんどん低下していきます。パソコンと向き合っている人はメガネを使用している人が多いですが、その理由として「コンタクトレンズだと余計に目が乾いてしまい、ドライアイのリスクが高まるから」だそうです。特にソフトコンタクトレンズの場合、その物自体が水分を取り込んでしまう特徴があるので、余計にドライアイの原因となります。コンタクトレンズを使用するとコンタクトレンズ自体も乾きに弱いため、すぐに目が痛くなりがちになります。いちいちレンズに時間をかけている暇もありませんし、そうなるとメガネの方がパソコン作業には向いていると言えそうです。
しかし、メガネを長時間つけていると、耳の根元が痛くなったり、跡がついたりしますよね。そこの面ではコンタクトレンズの方が優秀といえます。
では、パソコンを長時間使用する人に最適なコンタクトレンズとは一体どのようなものなのでしょう。
コンタクトレンズ選びにおいて最も重要なポイントは水分の蒸発が少ないことと、酸素透過率が高いことです。それらを兼ね備えたコンタクトレンズが「ワンデーアキュビュートゥルーアイ」です。1日使い捨てタイプで、「シリコーンハイドロゲル素材」という酸素透過にとても優れた成分で作られています。酸素透過率は98パーセントと、裸眼時と変わらないほど。潤い成分も配合されているため、着け心地も抜群です。
パソコン作業をするときは、メガネよりもコンタクトレンズを使用した方が目に負担がかからない、という商品もあります。1度、コンタクトレンズを試してみては?

コメントは受け付けていません。