ドライアイでもカラコンは装着できるのでしょうか

Pocket

近年、パソコンやスマホを利用する人が急増している事から、ドライアイの人が多くなっている様な感じがします。
ドライアイとは瞬きの回数が減る為に、涙の分泌量が減り、目が乾燥してしまう状態の事を指します。
ドライアイになってしまうと、カラコンやコンタクトが装着しにくくなってしまいますよね。
通常のコンタクトよりカラコンは酸素が通りにくい構造となっている為、カラコンを装着してしまうと目の乾燥が更に進んでしまいます。
せっかく口コミ等で人気のカラコンを装着してオシャレを楽しみたくても、これでは大変ですよね。
もしもそれでも大丈夫と思って我慢してカラコンを装着し続けた場合、目に傷が付いたり、角膜炎を引き起こしてしまったり、最悪の場合は失明と言った事になる可能性も否定できません。
口コミでおこうした目の乾燥によるカラコン対策は色々出ていると思いますので、ちょっと見てみると良いかもしれませんね。
ではドライアイの方はどの様にカラコンとお付き合いしたら良いのでしょうか。
先ずはカラコンの装着時間を短くしてみると言う事です。
特に乾燥時には目が悲鳴を上げない程度の短い時間のみカラコンにして、それ以外は外す様にすると良いでしょう。
またパソコンやスマホ、映画等、目を少し酷使する様な場合にはカラコンは外した方が良いでしょう。
更に目薬は常備しておく様にし、目が乾かない様に注意しましょう。
この時使用する目薬もカラコン専用の物、防腐剤が入っていないタイプの物を使用すると、更に目に優しいと思います。

コメントは受け付けていません。