コンタクトレンズの使用回数

Pocket

視力が悪いといっても、日常生活にそこまで支障をきたすほどではない時期ってありますよね。学生の場合は、席がたまたま遠くて授業中の黒板の文字が見えないといった時など。そういった方はメガネを選ぶことをお勧めしますが、コンタクトレンズでそういった場合は、どのような商品を選べばいいのでしょうか。メガネのように、必要な時だけ付けて、用済みになったら置いておく、なんてことは出来ません。
そのようなたまにしか使わないという場合の時は、「1日使い捨てタイプ」のコンタクトレンズを選ぶといいでしょう。コンタクトレンズは開封してからどんどん雑菌が繁殖していきます。何ヶ月かもつレンズだとしても、着用してから日が立つコンタクトレンズは使わないようにしてください。使用する前に洗浄液で洗うから大丈夫、ということでもありません。保存液が入っているレンズケースの中に入れていても雑菌は繁殖し、そのコンタクトレンズをつけてしまえば感染症の原因にもなりえます。感染してからでは元も子もありませんから、未然に防ぐためにも使用は絶対にしないでください。
これらのことから考えて、1日ポッキリの使い捨てタイプをおすすめします。長期間の使用が可能なコンタクトレンズよりも多少値は張りますが、その分安全性に特化されていますし、たまにしか使わないのであれば、すぐに無くなってしまうこともありません。1日使い捨てタイプの中でも特におすすめなのが、あまりゴロゴロする感覚のない瞳に馴染みやすい商品がいいでしょう。

コメントは受け付けていません。