コンタクトレンズのタイプ

Pocket

視力が低下してくると購入しようか迷うのが「メガネ」と「コンタクトレンズ」。どちらもメリットとデメリットがありますね。最近はカラコンの影響もあり、コンタクトレンズの人気が高まっています。そんなコンタクトレンズにはメガネと違い、いくつか種類があることをご存知でしたか?
コンタクトレンズは大きく二つのタイプに分けられ、一つがハードコンタクトレンズ、もう一つがソフトコンタクトレンズになります。ソフトコンタクトレンズはさらに細かく種類分けされており、従来のコンタクトレンズタイプと使い捨てタイプに分かれます。では、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズはどのような違いがあるのでしょう。
まず、「酸素透過性ハードコンタクトレンズ」というタイプ。透過性に優れた硬い物質から出来ているコンタクトレンズで、長期間使用していても目に負担をかけにくいことが特徴です。だいたい3年ほどもちます。
次に、「従来型ソフトコンタクトレンズ」というタイプ。水分が多く、柔らかい造りになっているため初心者でも馴染みやすいです。はずれにくいことも特徴で、スポーツなど体を大きく動かしても大丈夫ですが、矯正効果がハードコンタクトレンズよりも少し劣ります。こちらはだいたい1年ほどもちます。
最後に、「使い捨てソフトコンタクトレンズ」というタイプです。こちらはコンタクトレンズのケアを必要としないタイプで、使用できる期間がはっきりと決まっています。安全性に特化してあるため目にとても優しいですが、値段は張ります。
これらコンタクトレンズの特徴をよく理解して、目的に応じたレンズを選びましょう。

コメントは受け付けていません。