コンタクトにかかる費用

Pocket

どんどん視力が低下していき、不便になってしまった時に活躍するのがメガネとコンタクトレンズですね。でも今まで裸眼だったのに急にメガネをかけて、似合わなかったらどうしよう。そう悩む人は結構多いものです。そこでコンタクトの出番になる訳なのですが、コンタクトはメガネよりも面倒という声や、費用がかかるという声もあがっています。では実際にコンタクトレンズを購入するまでの流れで、いくらくらいの費用がかかるのでしょうか。
まず、コンタクトを買いに行く前に眼科へ行って診察を受ける必要があります。コンタクトの販売店舗から書類を貰い、それを元に診察してもらいしましょう。
次に、自分の視力に合ったコンタクトを選びます。左右とも同じような視力であれば一種類のレンズで済みますが、左右よ視力が大きく異なっている場合はそれぞれ度の違うレンズを選ぶ必要があります。わからないところがあれば、積極的に担当医に質問しましょう。
コンタクトレンズを決めたら、実際に入れてみます。多少目がゴロゴロするくらいで、大きな違和感は感じません。その状態でもう一度視力検査を行い、見え方などの最終チェックをします。
それも終わったら自分で出来るように、コンタクトレンズの付け外しの練習を行います。丁寧に教えてくれるので、落ち着いて練習しましょう。
ここまでにかかる費用はおよそ7000円ほど。かかる時間も人によりますが、1時間ほどで終えられるでしょう。ネットなどで安く購入もできますが、初めてコンタクトレンズを購入する方は、面倒でも必ずこれらを行ってください。

コメントは受け付けていません。