カラコンを正しく着けましょう

Pocket

近年カラコンが口コミで人気を高めています。
色んな口コミが有りますので、お気に入りのカラコンを見つけてオシャレを楽しんでいる人はたくさんいる事と思います。
そんなカラコンやコンタクトレンズの様な医療機器は、正しく使う事がとても大切になります。
正しく使うと言う事は正しい着け方をすると言う事なので、マスターしておくと良いと思いますよ。
カラコンは眼鏡と違って直接角膜に装着する物です。
目には皮膚が無い為、細菌が入ってしまうと炎症を起こしてしまう危険性が有ります。
ですから注意して装着する必要が有るのです。
先ずはカラコンを着ける手に関する注意ですが、手には色んな細菌が付いています。
ですから手を石鹸で洗って細菌を洗い流す事が大切です。
次に爪を着る事です。
爪が伸びていると装着時に思わずレンズや目を傷を付けてしまう可能性が有りますので、出来れば切っておいた方が良いでしょう。
次にレンズの裏表をきちんと確認して指の上にレンズを乗せましょう。
裏表が逆になったまま装着してしまうと、レンズの縁で瞼を傷付けてしまう可能性が有りますので注意してください。
実際に付ける際ですが、目を大きく開けて指をそのまま目の中に押し込む様にしてレンズを着ける等、着けやすさには個人差が有ります。
自分が着けやすい着け方を色々試して発見してくださいね。
最後に目が乾燥すると言う方はカラコン専用の目薬を常備しておく様にしましょう。
水分が無くなってしまうと、目が乾燥してしまい、思わぬ炎症を引き起こしてしまう可能性が有りますので注意しましょう。

コメントは受け付けていません。