カラコンの知識

Pocket

多くの有名な女優さんやモデルさんが愛用していることから、近年若い年代を中心に人気を集めている「カラコン」。目の色を好きに変えることが出来たり、目を大きく見せることが出来たりすることが人気の理由の1つです。そんなカラコンをつけてみたいという方も多いと思いますが、実店舗などでカラコンの表示を見てもよくわからないことが多いことでしょう。
人により、目の大きさやカーブ、形が違うことをご存知でしたか?自分の目に合わないカラコンをつけてしまうと、目の炎症や充血、視力の低下を引き起こしてしまいます。それらを防ぐためにも、まずは自分の目に合う数値を知ることから始めましょう。その数値を知るためには、眼科で診察をうける必要があります。購入前には必ず診察を受けてください。カラコンは高度管理医療機器という扱いを受けているため、使用できるまでに少々面倒なアイテムです。ですが、自分の目の安全を守るためにも受診しましょう。
受診が終わったらカラコンに表示されている三つのポイントを見てみましょう。
まずは、「DIA」というレンズの直径。市販のものは14mm前後の物が多いですが、これは好みで選んでもらって構いません。
次に、「BC」。レンズのカーブを示す数値です。数値が小さいほどきつくなり、大きいほど緩やかになります。BCが合わないと、レンズがズレてしまう恐れがあるので、自分の目に合う数値を選んでください。
最後に「P」。これは度数を示します。マイナス表示されていれば近視、プラス表示ならば遠視を表します。もちろん度数が入っていないものもありますので、視力に合わせましょう。
自分にぴったりのカラコンで、目に負担をかけないオシャレを楽しみましょう。

コメントは受け付けていません。